リーガルウォール:現代アートやストリートアートを支援する企画

※現在活動は行っておりません。

【渋谷からストリートアートを支援する】

リーガルウォールは、ビルの壁をオーナーからご提供いただき、壁画などアート作品のキャンバスとして企画・運営する活動です。ストリートアートや現代アートをはじめとするさまざまな表現者を支援し、国内のアート支援をすすめる目的ではじまりました。2004年から始まったイベント企画の多くの成果は、渋谷で実現してきました。

現在では、新たなアーティストを募って作品を描き変え続けることで、壁をアートバトルの場に変える「ON THE WALL」と、カフェと提携して屋内アートイベントを行なう「ART CAFE」の2プロジェクトを企画・実施しています。ストリートアート・現代アートを支援し、また多くの人々にアートに触れる機会を提供しています。

活動マップ

より大きな地図で リーガルウォールマップ を表示

現在のプロジェクト

//桜木町 ON THE WALL(2007/02~03)
国内有数のストリートアートで知られる、桜木町の高架下壁面について横浜市から依頼され、アート空間として実験的に運営
//ON THE WALL(2008/04~)
渋谷まわりのビル外壁・内壁をオーナーから預かり運営し、ストリートアートや現代アートをはじめとする表現者に作品発表と切磋琢磨の場を提供
// ART CAFE(2008/07~)
六本木ヒルズにあるカフェ「hills cafe/space」と連携してイベントを企画運営し、アーティストに活動の場を提供

ご支援のお願い

以下のページで「ON THE WALL」への寄付をご案内しております。ぜひご支援ください。
http://komposition.org/donation/contribution01/

過去の活動

渋谷における、リーガルウォールの過去の活動についてはこちらをご覧ください(2003/03~2006/09)
http://legalwall.komposition.org/

※ストリートアートとは
「ストリートアート(street art )とは、街をカンバスとしてペンキやスプレーで描かれる美術様式である。単に落書きとして扱われる事もあり、英語ではgraffiti(グラフィティ)とも呼ばれることもあるが、一部では芸術活動としても認知され、適切な場所に描かれたものに関しては、市民権を得るようになってきている。」
<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>

KOMPOSITIONではストリートアートについて、グラフィティアートだけでなくステンシルやステッカー貼付、ポスターもしくはオブジェ貼付などなど、街を使って考えられるあらゆる表現活動のことだと考えています。つまり「なんでもあり」だということです。